アモルファスモールド変圧器

カタログ資料ダウンロード

インフォメーション


アモルファスモールド変圧器(トランス)

2014年トップランナー基準をクリアしています。アモルファスモールド変圧器はヒステリシス損、渦電流損を大幅に削減できるアモルファス合金鉄心(芯)を採用しています。

モールド変圧器は安全性、防災面の要求が多いオフィスビル、学校、病院で採用されています。
また、これらの施設は休日や夜間の負荷が少なく、普段の稼働時間も比較的短い場合が多く殆どの需要家の年平均稼働率(等価負荷率)は20%〜40%です。
変圧器は使っていなくても待機電力(無負荷損)が発生するため、無負荷損を低減することは、省エネ上大切です。

アモルファスモールド変圧器

アモルファスモールド変圧器はアモルファス鉄心(芯)を採用することにより、無負荷損を大幅に削減し、真空注型法で製造されたモールドコイルにより優れたコロナ特性を達成しています。
さらに、国内データセンターでも多数採用され信頼性の高いことを立証されました。
尚、特別高圧(特高)は22kV〜3000kVAまでの製造実績があります。

PDF資料はこちら


このページのトップへ