特高アモルファス変圧器

カタログ資料ダウンロード

インフォメーション


特高アモルファス変圧器

日本における一般的な高圧の供給電圧が6.6kVであるのに対して、台湾国内の電圧は殆どが22kVで送電されています。
当然、変圧器も22kV仕様が標準であり、付属する部品も量産されているため、日本製22kV変圧器に比べコストパフォーマンスが良くなります。

また、日本国内の22kVの変圧器は比較的大型(2000kVA以上)が多く、変圧器の無負荷損失も大きくなります。

特高アモルファス変圧器

例えば、70年代〜80年代に設置された22kV/6.6kV 3000kVAの変圧器の無負荷損は約7500Wですが、同容量のアモルファス変圧器なら1150Wです。
すなわち1時間で6350Wの省エネになります。

無負荷損は24時間365日発生しているので、年間55,626kWhの損失となり、電力単価10円としても556,460円の電気代を無駄に使っていることになります。
22kV特高変圧器の更新には、是非アモルファス変圧器をご採用下さい。

PDF資料はこちら


このページのトップへ