アモルファス乾式変圧器

カタログ資料ダウンロード

インフォメーション


アモルファス乾式変圧器

一般の乾式変圧器は、ケイ素鋼板鉄心に巻線を巻く際に耐熱絶縁紙を使用し表面を絶縁ワニスで含浸塗布させたものです(絶縁種別はH種が殆どです)。
これに対して、アモルファス乾式変圧器は鉄心にアモルファス合金を使用することにより、高効率を実現した乾式変圧器です。

弊社の取り扱いしている容量は5kVA〜1000kVAと幅広く、電圧も低圧(600V以下)から特高(22kV)までの製造が可能です。
油入変圧器に比べコンパクトで軽量になるので、設置スペースが小さく、取り扱いが容易となります。

アモルファス乾式変圧器

アモルファス乾式変圧器は、主に太陽光インバータ用の絶縁変圧器、UPSのバックアップ用変圧器として採用されています。
小さな容量でも台数が多くなれば無負荷損も大きくなります。限られた空間で発熱を抑えることができるH種アモルファス変圧器は様々な用途に採用されています。

また、弊社ではこの他スコット変圧器、起動用変圧器にもアモルファス鉄心を採用しています。

PDF資料はこちら


このページのトップへ